クマぱぱは静かに暮らしたい

サイト運営で独立を目指している、クマぱぱの日常日記です。(雑記多め)

「ドラゴンボールファイターズ」が面白そう♪【発売日/2018年2月1日】

©バンダイナムコ

2018年2月1日発売予定の格闘ゲーム【ドラゴンボールファイターズ】

最近のドラゴンボールのゲームは、3Dキャラクターがフィールド上を自由に飛び回れるアクション仕様のものが主流でしたが、本作は横画面での対戦格闘タイプということで、KOFやギルティギア等の格ゲーをやり込んできた世代の自分としては、かなり注目しているゲームです。

しかも、開発が「ギルティギア」「ブレイブルー」「ペルソナ4U」を手掛けてきた【アークシステムワークス】さんということで、完成度の高い格ゲーになるのは間違いない!!(販売はバンダイナムコエンターテインメント)

2D格闘タイプのゲームシステムと言っても、実際にはキャラクターは3Dで作られていて、バトル中は2Dタッチ、必殺技や登場シーン等は迫力ある3Dタッチで表現されているので、「2.5D格闘ゲーム」なんて表現もされていたりもします。

とにかくグラフィックが綺麗でカッコ良くて、2Dアニメちっくに表現されているのは個人的には超嬉しい♪

発売されるまで、最新キャラクター等の最新情報を、随時更新していくつもりです。

---- Sponsored Link ----

基本情報

タイトル ドラゴンボールファイターズ
ジャンル 対戦格闘
発売日 2018年2月1日発売予定
対応ハード PS4/Xbox One/PC
価格 未定
発売元 バンダイナムコ
(開発:アークシステムワークス)
公式サイト ⇒公式サイトへ
備考 3on3チームバトル

 

グラフィックが超キレイ!!

©バンダイナムコ

このゲームを初めて知った時、PV映像を見て感動しました。

2Dの雰囲気を再現した3Dグラフィックがとにかく綺麗で、演出一つ一つがカッコ良くてクオリティが凄い!!(アニメをそのまんま動かしているような感じ)

自分が知らない間に、格ゲーはここまで進化してるのか・・・と驚かされました。

 

作品発表時の海外の反応が凄い

自分も初めてPVを見たときは、驚き感動しましたが、本作発表時の海外の反応はさらに凄かったようで、海外でのドラゴンボール人気の高さが伺えます。

興奮し過ぎて帽子吹っ飛ばしてますねw

こういう反応は結構ネタにされちゃったりするけど、日本の作品にここまで本気で喜んでくれてて、逆に嬉しいですよね?

本当に純粋に作品を楽しんでいるんだな〜と、自分は関係ないのになんかありがたいというか、感心してしまいます。

 

登場予定キャラ(2017年10月現在)

魅力的なキャラクターが多いドラゴンボール、どのキャラが参戦するのかも注目したいところ。

メインキャラは当然入るとして、個人的には「亀仙人」とか「ギニュー特戦隊」のメンバーなんかが入ってくれたら嬉しいなw

発売までに(発売後も?)どんどんプレイ可能キャラが追加されていくと思うので、期待したい♪

孫悟空

©バンダイナムコ

主人公の悟空は、基本スーパーサイヤ人状態で戦うようです。

近距離・遠距離どちらもいけるオールマイティキャラといった感じですかね。

必殺技でスーパーサイヤ人3に変身したりする描写があるので、スーパーサイヤ人状態を使い分けて戦うのかな?(4にもなれる?)

ベジータ

©バンダイナムコ

ベジータも基本はスーパーサイヤ人の様子。

こちらも悟空同様のバランスタイプだと思われます。

トランクス

©バンダイナムコ

本作のトランクスは剣を主体に戦うようで、中距離での戦いがメインになりそうです。

相手を真っ二つにできたりできるのかな・・・

孫悟飯

©バンダイナムコ

悟飯は子供バージョンでの参戦なんですね。

スーパーサイヤ人のようですが、この髪型の感じだと対セル戦の時かな?

必殺技も原作でのセル戦時に使用したものが採用されているようです。

リーチが短い接近戦メインのパワータイプ。

フリーザ

©バンダイナムコ

ドラゴンボールの敵役といったらこのお方「悪の帝王フリーザ様」ですね。

ビームを使った遠距離戦が得意のキャラですが、どうやら必殺技でゴールデンフリーザに変身してパワーアップすることもできるみたいで、変身したらパワータイプとかに変わったりするのかも。

色々と楽しそうなキャラです♪

魔人ブウ

©バンダイナムコ

近距離パワー型のようですが、相手をチョコにしたり、金縛りにしたり、トリッキーな戦法も使えるキャラかもしれません。

原作同様に打たれ強さも再現されているかも、邪悪モードとかにもなれたら面白いですね。

セル

©バンダイナムコ

完全体での参戦。

おそらく悟空やベジータ同様、近距離・遠距離どちらも対応できるオールマイティキャラだと予想します。

クリリン

©バンダイナムコ

クリリンが参戦するのは嬉しいですね、周りの面子を見ると戦闘力は瞬殺レベルかと思いますがw

素早くトリッキーな戦い方で翻弄しつつ戦うタイプと予想、戦闘中に仙豆を使って体力回復できるようで(数に限りあり?)、意外と面白そうなキャラです。

ピッコロ

©バンダイナムコ

無事に参戦してくれてよかったピッコロさんw(ゲームだと不遇な扱いを受けるイメージがあったのでw)

本作では手足を伸ばす掴み技だったりあるのかな・・・巨大化とかしてくれたら面白そう。

魔貫光殺砲が活躍しそうですな♪

16号

©バンダイナムコ

まさかの参戦人造人間16号!?

格ゲーでは重要なポジションの投げキャラ枠かな?

パワー系なのは間違いないでしょう。

18号

©バンダイナムコ

格ゲーには女性キャラも必要ですので、女性キャラ枠として18号が参戦です。

17号を呼び出して戦うことができるようなので、17号だけ哀しい扱いになってしまいましたねw

女性キャラで可能性があるのは「ビーデル」とか「チチ」あたりかな〜、個人的にはブルマが大好きなんですけどね、さすがにブルマがスーパーサイヤ人ベジータをフルボッコにしたりしたらヤバイかw

孫悟空(SSGSS)

©バンダイナムコ

スーパーサイヤ人ゴッド状態の悟空は別キャラ扱いのようです。

ただの色違いというわけではなく、戦闘タイプや必殺技も異なるので違った楽しみ方ができます。

「10倍界王拳かめはめは」がメッチャカッコイイ♪

ベジータ(SSGSS)

©バンダイナムコ

スーパーサイヤ人ゴッド状態のベジータももちろん登場。

超攻撃型のキャラのようで、守りは考えず攻めまくりたい人向けのキャラです。

どうもオッサンの自分には、この青い髪のスーパーサイヤ人が見慣れないw

ヤムチャ

©バンダイナムコ

まさかの参戦「ヤムチャ」。

なにかとネタにされることも多いキャラで、公式サイトでも「ここらでお遊びはいい加減にしろってとこをみせてやれ!!」という、栽培マン戦の名セリフで煽ってますw

スピードキャラということで「狼牙風風拳」で大暴れなるか!?

メッチャ使いたいキャラですw

天津飯

©バンダイナムコ

こちらもまさかの参戦「天津飯」、初代Z戦士が次々に参戦するのは嬉しいですね。

「排球拳」が使えるらしいですが、あのオカマ口調も再現されるのか楽しみw

ヤムチャや天津飯がスーパーサイヤ人達に太刀打ちできるわけがない、なんて野暮なことは言わずに、ゲームを楽しみましょう♪

ナッパ

©バンダイナムコ

ナッパはなにげに人気のあるキャラですからね、参戦は嬉しいです。

ドラゴンボールファンならばきっと分かる、ナッパの必殺「クンッ!!」もしっかり再現されていますw

見た目通りのパワーキャラのようですが、戦闘中に栽培マンを植えて、一緒に戦うこともできるようで、トリッキーな攻めも展開できそう♪

ギニュー

©バンダイナムコ

ギニューも参戦、特戦隊の隊員達を呼び出しながら戦うスタイル。

隊員メンバーがサポート役なので、プレイアブルキャラとしての可能性がほぼ消えてしまったのは残念ですが(リクーム使いたかった)、他のキャラとは少しタイプが違う戦い方ができそう。

当然ギニューの代表技「ボディチェンジ」も使えるでしょうから、大ピンチからの一発逆転も狙えるかも♪

 

PV動画/プレイ動画

公式PV動画①

公式PV動画②

キャラ紹介動画

 

まとめ

©バンダイナムコ

いや〜久しぶりに楽しみな格ゲーが出てきました。

昔ほどやり込むような時間はないとは思いますが、今は家でネット対戦が気軽にできる時代なので、空いた時間に世界中の人との対戦を楽しみたい。

元々2D格ゲーのコンボとかを開発するのも大好きなので、一人でトレーニングモードをやり続けるかもw

3on3バトルということですが、まだ詳しいシステムまでは分かっていないので、今後の発表にも注目しつつ、プレイできる日を楽しみに待ちたいと思います。

こんなにワクワクしたのは数年ぶり、ありがとうアーク、ありがとうバンナム♪

ブログランキングに参加中です
下のバナーをクリックして頂ければ、今日も静かに暮らしていけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

      2017/11/02

 - アプリ・ゲーム, 趣味・日常 ,